早漏防止のスクイーズ法

女性と良い関係になってもすぐに射精してしまってセックスを楽しむことができない、愛する女性を性的に満足させることができない、といった悩みを抱えている男性もいるでしょう。
そして、そのような男性の多くはどうにかして早漏を改善したいと考えていることでしょう。
早く射精してしまって長持ちしないという原因にはいくつかあり、精神的なストレスやトラウマが原因となっている人もいれば、包茎が理由で亀頭が刺激に弱いために射精してしまうという人もいます。
こういった早過ぎる射精を改善するためには心療内科でカウンセリングを受けたり、陰茎部の感度を下げるための薬を服用したり、包茎の手術を受けたりといった方法もあります。
そんな中で、手軽にできる早漏対策としてスクイーズ法というものがあります。
スクイーズ法はアメリカの医師によって1970年頃に発表された方法で、簡単にいえば射精しそうになった瞬間に亀頭部分を手でギュッと握り、射精を抑えるということを繰り返し行うというものです。
これはマスターベーション時に自分で行うこともできますし、パートナーに手伝ってもらって行うこともあります。
このような陰茎への刺激と圧迫による寸止めを繰り返すことで人間の脳はイキそうになっても射精を遅らせるようになるため、徐々に射精までの時間を長くすることができるというわけです。
もちろん全員に効果があるわけではありませんが、お金をかけることなく誰でも簡単に試すことができますし副作用も全くありませんので、試してみても損はない方法と言えます。